日電産は堅調、SMBC日興証は目標株価を1万1000円に引き上げ

 日本電産<6594.T>が朝方から買われ堅調。SMBC日興証券は29日付リポートで投資判断「1」を維持、目標株価を従来の9400円から1万1000円に引き上げた。
 リポートでは「当証券では4~6月期の好決算を反映し、エアコン向けモーターの拡販の可能性を織り込み業績予想を引き上げた。14年3月期営業利益は876億円、15年3月期は1081億円と過去最高益更新を予想。スマートフォン向け電子部品の成長率が鈍化する中、新たな収益の柱が具体化しつつある同社の株価が、電子部品セクター内でアウトパフォームする可能性が高いとみている。当証券では14年3月期通期業績予想を修正しており、売上高は従来の8439億円から9145億円(前期比28.9%増)、営業利益は740億円から876億円(同5倍)、純利益は531億円から636億円(同8倍)を想定」としている。

日電産の株価は10時40分現在8050円(△40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)