昭和電工が小反発、今12月期営業利益260億円予想に減額も下げ止まる

 昭和電工<4004.T>は小反発。同社は29日、13年12月期の連結業績予想の修正を発表。売上高は従来予想の8000億円から8500億円に増額したものの、営業利益は350億円から260億円に大幅減額した。原料ナフサ価格の上昇により製品販売価格も上昇、これが売り上げ増額要因となっているが、利益面ではレアアース事業が棚卸資産の簿価切り下げの影響を受けており、黒鉛電極は鉄鋼業界の在庫調整の影響が及んでいる。ただ、株価は低位で買いやすさがあるほか、前日まで7日続落となっており目先反動高を期待した押し目買いが入った。

昭和電工の株価は11時19分現在131円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)