日立メディコが反発、第1四半期営業赤字拡大も通期大幅増益予想据え置き押し目買い

 日立メディコ<6910.T>が反発。29日取引終了後に発表した今14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)は診断薬メーカーへのOEM分析装置の需要減や販売管理費の増加で営業赤字が拡大したが、通期の連結営業利益は前期比4.2倍の45億円と期初の大幅増益予想を据え置いたことで押し目買いが入った。主力の医療機器はMRイメージング装置や診断用超音波装置などが順調に伸び、医療情報システムも堅調、第1四半期に為替差益7億9600万円を計上するなど、円安もプラスに働く。

日立メデの株価は12時37分現在1220円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)