ニチレイが後場下げ幅を拡大、第1四半期大幅減益を嫌気

 ニチレイ<2871.T>が後場下げ幅を拡大。午後2時頃に発表した第1四半期(4~6月)連結決算で売上高1208億1500万円(前年同期比5.1%増)、経常利益24億8900万円(同40.2%減)と大幅減益となったことが嫌気されている。引き続き主力の加工食品と低温物流が伸長したことで売上高は増加したが、円安により加工食品の原材料・仕入れコストが増加し利益を圧迫した。
 なお、14年3月期通期業績予想は、売上高4920億円(前期比4.7%増)、経常利益162億円(同5.8%減)の従来予想を据え置いている。

ニチレイの株価は14時31分現在504円(▼18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)