今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は散発的に買いが入り98.40円台まで上昇しました。これ以上の買いが続くかどうか、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

7/30(火)
18:00  (ユーロ圏) 7月消費者信頼感・確報
18:30  (南ア) 第2四半期失業率
21:00  (独) 7月消費者物価指数・速報
22:00  (米) 5月S&P/ケース・シラー住宅価格指数
23:00☆ (米) 7月消費者信頼感指数
-----   (米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目
※☆は特に注目の材料

FOMCの声明発表ほか、多くの主要経済イベントを明日に控えていることを考えると、本日予定されている経済イベントは如何にも地味です。ドル/円は米国の経済指標がよほど良好な結果でないと、98円台半ばの上値の重さ払拭は難しいと見られます。

一方、本日、大きく売られている豪ドルに関しては、NY市場でも引き続き売られる可能性があり、要注意です。