大阪製鉄の第1四半期営業利益は4.7%増、中間配当10円を実施

 大阪製鉄<5449.T>が30日発表した2014年3月期第1四半期(4~6月)の売上高は154億4100万円(前年同期比6.1%減)、営業利益は13億4700万円(同4.7%増)と減収増益だった。国内鋼材市況の軟化に加え、電力価格の上昇など厳しい経営環境だったが、省エネ・省電力など徹底的なコスト削減により増益を確保した。
 なお、同社は未定としていた第2四半期の中間配当を前年同期に比べ2円50銭増の10円とすることを発表した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)