日立が大幅続伸、第2四半期の連結営業利益は1450億円に上方修正

 日立製作所<6501.T>が全体軟調地合いに抗して大幅続伸。同社が30日発表した13年4~9月期連結業績予想の修正で、売上高は従来予想の4兆3500億円から4兆4000億円(前年同期比1.0%増)に、営業利益は1300億円から1450億円(同11.4%減)に最終利益は100億円から150億円(同50.2%減)にそれぞれ増額しており、これを評価する買いが先行している。社会産業システム部門や情報通信システム部門、デジタルメディア・民生機器部門が想定を上回る改善を示した。なお、14年3月期通期の見通しについては、米国・欧州・中国をはじめとする世界経済の動向や為替や原料価格の変動余地などを不透明要因として、会社側は従来予想を据え置いているが、増額の可能性を市場は読み取り、足もとの買いに反映されている。

日立の株価は9時16分現在670円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)