ファナックは下げ幅縮小、シティ証は「買い」に引き上げ

 ファナック<6954.T>が下げ幅を縮小。朝方は一時、前日比250円安の1万4700円まで値を下げたが、下値には買いが入り値を戻している。シティグループ証券は30日、同社の投資評価を「2(中立)」から「1(買い)」に引き上げ、ターゲットプライスを1万7000円(従来1万4600円)とした。中国の景気減速や米アップルの設備投資のピークアウトを受けファナックの株価は低迷した。ただ、同証券では「国内自動車・部品メーカーの設備投資拡大もあり今後、国内工作機械受注が上向く余地がある。北米の堅調なロボット需要や円安効果も追い風に業績はサイクルの底をつけ今後回復する」と予想したうえで「今年の出遅れ株を見直す時期」とみている。

ファナックの株価は11時30分現在1万4800円(▼150円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)