◎31日前場の主要ヘッドライン

・ソフトバンクが逆行高、14年3月期営業利益は未踏の1兆円大台へ
・日立が大幅続伸、第2四半期の連結営業利益は1450億円に上方修正
・イメージ情がS高で高値更新、9月末株主に対する1対200株の株式分割を発表
・魚力が続伸、23万株の自社株買い好感、クールジャパン関連の切り口も
・ワコムが一時ストップ安、4~6月期業績がコンセンサス下回る
・F&Mが急反発、生保の顧客獲得競争激化で記帳代行にビジネスチャンス
・ユーシンが急反落、転換社債発行による希薄化を懸念
・大和冷が続急伸、13年12月期業績予想を上方修正で
・銭高組が急反発、再び新値街道に踊り出る
・明電舎が急反落、第1四半期の営業赤字幅拡大を嫌気

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)