SHOEIが後場急騰、13年9月期業績予想を上方修正で

 SHOEI<7839.T>が後場急騰。前引け後に13年9月期の連結業績見通しを従来予想の売上高107億円、経常利益10億円から、売上高108億4000万円(前期比26.0%増)、経常利益12億円(同8.4倍)に上方修正したことが好感されている。国内二輪車市場の底打ちと新製品効果で二輪車用ヘルメットの販売数量が増加していることや円安進行などが要因としている。
 同時に発表された第3四半期累計(10~6月)連結決算は、売上高78億2100万円(前年同期比20.1%増)、経常利益9億5800万円(同4.6倍)と大幅増収増益となった。二輪車用ヘルメットの販売好調に加えて、上期の防衛省向けヘルメット販売が寄与。海外市場も新製品効果で売り上げを伸ばし、これらが業績を牽引した。
 なお、併せて同社では8月15日付で75万株(消却前発行済み株式数の5.16%)の自社株を消却すると発表しており、需給改善につながるとの思惑も株価押し上げにつながっているようだ。

SHOEIの株価は12時41分現在975円(△120円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)