JFEが安い、大和は「3」に2段階引き下げ

 ジェイ エフ イー ホールディングス<5411.T>が安い。株価は一時、前日比89円安の2206円まで売られた。同社が26日に発表した2014年3月期第1四半期(4~6月)の連結経常利益は前年同期比3.6倍の352億3700万円だった。ただ、大和証券では「ネガティブ・サプライズの決算」として投資判断を従来の「1(買い)」から「3(中立)」に引き下げ、目標株価は2400円(従来3000円)にした。
 同証券では、第1四半期の経常利益は同証券予想の700億円を大きく下回ったとして、その要因に「平均販売価格が下回ったためメタル・スプレッド(平均販売価格-推定原料コスト)が低下した」ことや「鋼材出荷量も大きく下振れした」ことなどを挙げている。15年3月期にかけて業績回復を予想しているが、低調な第1四半期実績などを受け、「株式市場における業績回復期待はしぼむリスクが高い」としている。

JFEの株価は12時55分現在2255円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)