大和ハウスが下げ渋る、竜ヶ崎工場に最先端の環境配慮型設備を導入

 大和ハウス工業<1925.T>が下げ渋る動き。この日、8月1日に戸建住宅・賃貸住宅の生産工場である竜ヶ崎工場(茨城県龍ケ崎市)の一部(第2工区)を、次世代環境配慮型工場「D’s SMART FACTORY(ディーズ スマート ファクトリー)」に建て替え、来年3月に操業を開始すると発表した。工場屋根上に太陽光発電システム800キロワットを設置し、全量売電事業を実施、工場内に160キロワットの自家発電機も導入しており、最先端の環境配慮型設備を導入、今後は竜ヶ崎工場内の他工区の建て替えも順次進めていく予定。

大和ハウスの株価は13時41分現在1798円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)