ロイヤルHDは底堅い、今12月期の第2四半期増額を評価

 ロイヤルホールディングス<8179.T>は反落ながら、前日比21円安の1497円まで売られた後は、1500円台まで戻し底堅い動きを見せている。30日、大引け後に今13年12月期の第2四半期予想を連結売上高で当初計画の570億円から574億円(前年同期実績545億1600万円)、営業利益で9億円から11億8000万円(同5億9200万円)へ増額修正、主要セグメント全体にわたり業績が堅調に推移しており、業績好調が評価される。子会社のテン コーポレーションを通じて「天丼てんや」の海外展開にも注力しており、国内外での外食事業の展開も注目されよう。

ロイヤルHDの株価は14時3分現在1504円(▼14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)