コメリが9日続落、第1四半期2ケタ減益を嫌気

 コメリ<8218.T>が9日続落。この日は、30日引け後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高880億1700万円(前年同期比0.9%増)、経常利益69億2300万円(同10.4%減)と2ケタ減益となったことが嫌気されている。4月から5月中旬にかけての天候不順による春物商材の販売不振や、前期好調だった建築資材や農業資材などの補修用品の反動から、既存店売上高が前年同期比3.1%減となったことが要因。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高3340億円(前期比4.6%増)、経常利益205億円(同10.4%増)の従来予想を据え置いている。

コメリの株価は14時29分現在2428円(▼64円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)