【売り】内田洋行 (8057) 7月配当落ち後は、短期的に売り優勢の展開に = フェアトレード 西村 剛

7月配当落ち後は、短期的に売り優勢の展開に
■注目銘柄
内田洋行 (8057)

■注目理由
同社は、オフィス家具、コンピューター商社の大手。学校教育機器の販売も手掛ける。政府の大型補正予算によって、学校向けの設備やシステムトレードの販売が好調に推移。今期は黒字を予想している。同社は、7月決算企業であり、配当権利かくて落ち後は、売り膨らみ株価は下がりやすい傾向がある。また、今期業績を黒字予想しているが、前年度まで赤字を計上していたことから、黒字化への不安も残るため、決算発表前に売りが加速する可能性があると判断した。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:82.61%
平均損益(率):5.15%
平均利益(率):9.04%
平均損失(率):-13.29%
--------------------------------------