【売り】スカイマーク<9204>競合他社のLCCが路線を急拡大=フェアトレード平山修司

短期的な事業回復は望みにくい
■注目銘柄
9204 スカイマーク

■注目理由■
航空機はボーインブ社737型機(同一機体)を使用し、主要航空会社よりも低価格な運賃を提供している日本のLCC。平成26年3月期の第1四半期決算では売上高は18,478百万円(前年同期比3.5%減)、営業利益-2,477百万円、純利益-1,241百万円となった。各LCCが路線を急拡大しているため、競合他社との運賃競争が激化し、収益が大きく圧迫されている。7月下旬には、一時株価が380円台まで回復したが、31日には利益確定売りの動きが広がり、346円まで下落した。引き続き厳し事業環境が継続することが想定されるため、短期的な事業回復は見込みにくいだろう。なお、同社の8月の株価傾向をシュミレーションしたところ、8月初旬から下旬にかけて下落する傾向が見られた。8月は売りのスタンスとしたい。

過去のシュミレーション結果は以下の通りです。
------------------------------
勝率: 41.67 %
勝ち数: 5 回
負け数: 7 回
引き分け数: 1 回
------------------------------