旭化成が反発、4~6月期の営業益2.6倍と報じられる

 旭化成<3407.T>が反発。きょう付の日本経済新聞で、第1四半期(4~6月期)の連結営業利益は、前年同期比2.6倍の280億円前後だったようだと報じられたことを材料視。記事によると、プラスチック原料などケミカル部門の業績が回復したうえ、スマートフォン向け電子部品の出荷が増えたとしている。これに対して会社側では、「当社が公表したものでない。第1四半期決算は8月2日に発表する予定」としている。

旭化成の株価は9時20分現在640円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)