遠藤照明がストップ安、今3月期の大幅下方修正を嫌気

 遠藤照明<6932.T>がストップ安ウリ気配。7月31日、大引け後に今14年3月期予想を通期連結売上高で当初予想の480億1000万円から440億円(前期実績398億2600万円)、営業利益で81億5000万円から57億円(同72億3700万円)へ下方修正したことが嫌気されている。照明器具は、夏季の電力需給にメドが立ち、一昨年の東日本大震災に起因する原発事故の発生以来、過熱気味であった設備更新需要が落ち着きを取り戻したことで期初に想定した水準を下回って推移、円安の進行による輸入品の原価上昇も圧迫要因となっている。LED照明の拡大で業績を大きく伸ばしてきただけに今回の大幅下方修正で、悲観売りを浴びている。

遠藤照明の株価は9時40分現在2203円ウリ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)