OLCは堅調、いちよしはフェアバリューを1万8000円に引き上げ

 オリエンタルランド<4661.T>が堅調。いちよし経済研究所が31日付のリポートで投資判断「B」を継続、フェアバリューを従来の1万6000円から1万8000円に引き上げた。
 リポートでは「4月から開始した東京ディズニーリゾート30周年イベント効果が想定以上に推移。同社は4半期ごとの来園者数は開示していないが、過去において来園者数の伸び率に近い数字となる『アトラクション・ショー収入』(大半がチケット収入プラス駐車場代金)や、飲食販売の14年3月期第1四半期の伸び率は、それぞれ前年同期比18.2%増、同19.5%増となった。当研究所では14年3月期通期業績予想については、イベントが好調に推移していることを背景に売上高は従来の4202億7000万円から4388億円(前期比10.9%増)へ、営業利益は889億円から1004億円(同23.2%増)へ、純利益は540億円から610億円(同18.5%増)に上方修正する」としている。

OLCの株価は10時21分現在1万6280円(△330円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)