新日鉄住金が高い、14年3月期経常利益予想3000億円以上を好感

 新日鉄住金<5401.T>が高い。7月31日に発表した14年3月期第1四半期連結決算が売上高1兆2868億円(前年同期比34.0%増)、経常利益864億5500万円(同9.3倍)と大幅増益となったことに加えて、従来未定としていた14年3月期通期業績予想で、経常利益を3000億円以上と前期(769億3100万円)比で約4倍に拡大し、また同じく未定としていた中間配当を2円とすると発表したことが好感されている。
 第1四半期は国内鉄鋼需要が復興需要や経済政策効果の発現などで土木・建築向けが堅調に推移しているほか、自動車や建設機械などの製造業向け需要の増加を見込む。また、大口顧客向けの値上げや原料高に伴う在庫評価損益の改善も寄与する見通しだ。

新日鉄住金の株価は11時1分現在299円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)