日清食HDが反発、海外販売拡大で第1四半期は経常37%の大幅増益

 日清食品ホールディングス<2897.T>が反発。31日取引終了後に発表した14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)の連結経常利益が前年同期比37.3%増の82億1200万円と大幅増益になったことが好感されている。米国、中国を中心に主力の即席めん販売が大きく伸び、売り上げ増に伴い利益も拡大、通期業績は期初予想を据え置いたが、上振れが期待されている。1日の日本経済新聞が「8月からタイで即席袋麺市場に参入、現地の普及価格帯の商品を発売する」と報じており、一段の海外販売拡大へ弾みとなりそうだ。

日清食HDの株価は11時30分現在4045円(△150円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)