ジーテクトが大幅反発、14年3月期業績予想の上方修正を好感

 ジーテクト<5970.T>が大幅反発。7月31日引け後に14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高1704億円、経常利益120億円から。売上高1780億円(前期比15.1%増)、経常利益134億円(同13.4%増)に上方修正したことを好感した買いが入っている。費用削減施策の効果などに加えて、為替レートが想定よりも円安で推移していることが要因としている。
 同時に発表した第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高432億1700万円(前年同期比12.8%増)、経常利益32億2700万円(同8.7%減)となった。北米での新型車販売好調による生産台数の増加や、インドネシアでの新会社量産開始効果によるアジア向けの順調などで売上高は増加したが、設備投資の増加による償却負担の増加が利益を圧迫した。

ジーテクトの株価は12時39分現在2624円(△114円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)