武田薬品が急反発、2型糖尿病治療剤の中国販売許可を取得

 武田薬品工業<4502.T>が急反発。31日に全額出資の中国現地法人・武田(中国)投資が2型糖尿病治療剤NESINA(アログリプチン)について、中国国家食品薬品監督管理局(CFDA)から輸入販売許可を取得したと発表したことが買い手掛かりになった。アログリプチンは10年に国内で承認を取得、「ネシーナR錠」として発売しており、米国でも13年にFDAの承認を取得し、販売を開始しており、中国が販売地域に加わることで大幅な売上げ増が期待される。

武田薬品の株価は12時44分現在4575円(△200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)