<後場の注目銘柄>=サイバー、来期回収期で利益倍増へ

 サイバーエージェント<4751.T>は5月8日につけた年初来高値を射程に捉えたが、PERは12倍台と割安感が強い。

 第3四半期累計(10~6月)の営業利益は広告宣伝費用の負担などで大幅減益を余儀なくされたが、会社側にとっては計画通り。成長牽引役として注力しているスマートフォン関連の広告、ゲームなどは順調に軌道に乗り始めており、第3四半期累計時点でスマホ関連事業の売上高は全体の6割近くにまで成長した。

 会社側では14年9月期を投資回収期と位置づけており、スマホ向けゲーム課金や広告収入の拡大、「アメーバピグ」のテコ入れなどで営業利益は200億円台乗せ(今期予想100億円)の可能性もあろう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)