イエローハットが急反騰し年初来高値を更新、第1四半期2ケタ増益を好感

 イエローハット<9882.T>が急反騰、5月10日につけた年初来高値2100円を約2カ月ぶりに更新した。7月31日引け後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高は264億3000万円(前年同期比6.8%減)、経常利益は14億3500万円(同19.0%増)と2ケタ増益となったことを好感している。カーナビゲーション販売単価の大幅下落や、前年同期のタイヤ販売好調の反動などで売上高は減少したが、カーナビの売上減を主とした粗利構成の変化や、採算の良いバイク用品専門店「2りんかん」の好調などで粗利率が改善し利益を押し上げた。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高1225億円(前期比4.3%増)、経常利益83億円(同1.9%増)の従来予想を据え置いている。

イエローハットの株価は14時22分現在2039円(△180円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)