ヤマハが反発、今3月期予想の増額を好感

 ヤマハ<7951.T>が反発。7月31日大引け後に今14年3月期業績を通期予想で当初計画の連結売上高3900億円から4080億円(前期比11.2%増)、営業利益200億円(同2.2倍)へ増額修正したことが好感されている。電子楽器は、デジタルピアノが堅調で、半導体では、スマートフォンの需要拡大に伴い、地磁気センサー(電子コンパス)やコーデックが拡大、想定為替レートを1ドル85円から95円に変更し、円安効果も表面化している。

ヤマハの株価は14時32分現在1342円(△84円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)