有沢製が14年3月期業績予想を上方修正、電子材料分野が想定上回る

 有沢製作所<5208.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高284億円、経常利益14億円から、売上高290億円(前期比7.4%増)、経常利益22億5000万円(同82.5%増)に上方修正した。足もとで電子材料分野の需要が想定を上回って推移していることが要因としている。
 また、同時に発表した第1四半期(4~6月)連結決算では、売上高76億5900万円(前年同期比15.4%増)、経常利益7億900万円(前年同期1500万円)となった。スマートフォン向けを中心にしたプリント基板向け電子材料の需要や産業用構造材料の需要が堅調だったことに加えて、収益向上対策を推進したことが奏功し増収増益を確保することができたという。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)