シャープが続伸、第1四半期営業黒字転換を好感

 シャープ<6753.T>が続伸。1日の取引終了後に発表した14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)決算で連結営業損益が30億1200万円(前年同期941億3300万円の損失)と黒字転換したことが好感された。スマートフォンやタブレット端末向けを中心にした液晶の拡販で、売上高が前年同期比32.6%増の6079億1300万円と大きく伸びており、通期最終黒字浮上を目指す会社計画の達成確度が高まったとの見方が広がったようだ。

シャープの株価は9時53分現在427円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)