大塚商会が大幅続伸、6月中間期増収増益確保を好感

 大塚商会<4768.T>が大幅続伸となり、7月17日に付けた年初来高値1万2320円を射程に捉えてきている。1日引け後に発表した第2四半期累計(1~6月)連結決算が売上高2846億2300万円(前年同期比6.8%増)、経常利益186億5600万円(同7.3%増)と増収増益を確保したことを好感。直近で株価は高値からの調整局面にあっただけに、反騰色を強くしている。企業のIT投資が底堅く推移したほか、オフィスサプライ商品と契約保守サービスを組み合わせたストックビジネスも着実に売上シェアを伸ばし、これらが増収増益に寄与した。
 なお、13年12月期通期業績予想は売上高5360億円(前期比3.9%増)、経常利益310億円(同6.6%増)の従来予想を据え置いている。

大塚商会の株価は10時12分現在1万1980円(△850円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)