三菱UFJが続伸、ATM手数料見直しで採算改善に期待

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>が続伸。きょう付の日本経済新聞で、傘下の三菱東京UFJ銀行がATM手数料を見直し、自行ATMは土日祝日も含めて午前8時45分から午後9時は無料で現金を引き出せるようにする一方、平日の日中(午前8時45分~午後6時)に無料のコンビニATMを有料に切り替え、ATMでの振込手数料も上げると報じられたことを材料視。大手銀各行ではコンビニATMの利用が急速に増え収支が悪化していることから、有料化による採算改善への期待が高まっているようだ。また、コンビニATMの有料化の動きが他行にも広がるとの見方から、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>やみずほフィナンシャルグループ<8411.T>でも買いが優勢となっている。

三菱UFJの株価は11時9分現在638円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)