兼松が続伸、第1四半期は為替差益発生で経常25%増益に

 兼松<8020.T>が続伸。きょう午後1時30分に発表した今14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)決算の連結経常利益が前年同期比24.7%増の51億4700万円と大幅増益になったことが好感された。電子・デバイスや食料、車両・航空関連取引が堅調に推移、為替差益を営業外収益に計上したことで、経常段階以降の利益がかさ上げされた。ただ、通期の経常利益は前期比1.8%増の170億円と期初予想を据え置いている。

兼松の株価は13時52分現在113円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)