グンゼは堅調、第1四半期純利益73%増で着地

 グンゼ<3002.T>が堅調。同社は2日午後1時20分に14年3月期第1四半期決算を発表。売上高は341億400万円(前年同期比7.2%増)、営業利益は10億6000万円(同16.1%増)、純利益は8億1200万円(同72.8%増)で増収大幅増益となった。
 機能ソリューション事業の電子部品分野では、昨年度から取り組んできたウインドウズ8搭載のパソコン向けタッチパネルの拡販などにより業績は改善したことに加えて、メディカル分野では、中国向け販売が回復し欧州向けも伸長したことが大幅増益につながった。
 なお、14年3月期通期業績について、純利益は15億円(前期は11億6100万円の赤字)を据え置いているが、第1四半期段階で進捗率が54.1%を達成していることから上方修正が期待できる状況だ。
 
グンゼの株価は14時20分現在255円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)