レオパレが軟調、第1四半期決算で黒字転換も織り込み済み

 レオパレス21<8848.T>が軟調。同社は2日午後2時に14年3月期第1四半期決算を発表。売上高は1148億7600万円(前年同期比7.9%増)、営業利益は20億900万円(前期は14億2100万円の赤字)、純利益は13億7100万円(同40億900万円の赤字)で黒字転換を達成した。
 管理物件の競争力向上や、入居者サービスの強化を通じた収益の最大化に努めたことを背景に増益となった。
 なお、14年3月期通期業績予想について、純利益は110億円(17.5%減)を据え置いている。

レオパレスの株価は14時49分現在494円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)