ダイヘンの第1四半期は経常利益が3.7倍に増え第2四半期予想を上方修正

 ダイヘン<6622.T>が2日取引終了後に発表した今14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)決算の連結売上高は前年同期比6.3%増の218億7400万円、連結経常利益3.7倍の10億6800万円になった。太陽光発電用パワーコンディショナーの受注が拡大、生産性向上・コスト水準の引き下げ効果が大きく、増収で利益が大幅に増加した。豊富な受注残を抱え、円安効果も見込めることから、第2四半期(4月1日~9月30日)業績予想を上方修正、前回予想の売上高465億円を490億円、経常利益15億円を24億円に引き上げている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)