今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜の注目材料は?
ドル/円相場は東京市場中は99.20円台から99.60円台で推移しましたが、欧州市場に入るとい一時99.70円台まで値を伸ばすなど、高値更新を窺う様子も見られています。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

8/2(金)
17:30 ☆(英) 7月PMI建設業
18:00  (ユーロ圏) 6月生産者物価指数
21:30 ☆(米) 7月雇用統計
21:30  (米) 6月個人所得・支出
21:30  (米) 6月PCEデフレーター
23:00  (米) 6月製造業受注指数
25:15  (米) ブラード・セントルイス連銀総、講演
※☆は特に注目の材料

米雇用統計がダントツで注目度が高いイベントです。
失業率は7.5%、非農業部門雇用者数は18.5万人増という市場予想が出ています。ただ、先行指標はよい結果が目立っており、実際の期待値はこの市場の事前予想値より上にぶれている可能性があります。とはいえ、市場予想よりも良好な結果ならドル/円は100円を試す流れになると考えられます。

詳しくは21時からライブセミナー「米雇用統計 全員集合!」で発表前後で解説を行います!