新東工の今3月期最終利益見通し、25億円から24億円に減額

 鋳造機械大手でメカトロ設備にも展開する新東工業<6339.T>は2日、13年4~9月期連結業績予想の修正と、合わせて14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表した。4~9月期の売上高は従来予想の420億円から410億円に、最終利益は11億円から10億円にそれぞれ減額した。また、14年3月期の売上高は855億円から845億円に、最終利益は25億円から24億円に減額している。アセアン諸国やメキシコなどの新興国での自動車関連の設備投資は堅調に推移したものの、欧州の景気低迷の長期化や北米のシェールガス採掘向け設備が低調となった。また、国内は依然として設備余剰感があり、想定以上に厳しい状況と認識したため予想を下方修正した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)