ドル円、上値にも意識?!(5日展望)

ドル円、上値にも意識?!(5日展望)
◆◆◆◆◆◆ 徹底したテクニカル分析見通し◆◆◆◆◆◆

◇今日のレジスタンス/サポート & ポイント解説◇ドル円
第3レジスタンス:99.40-45円(20日基準線など)
第2レジスタンス:99.30-35円(75日移動平均&60分足20本基準線)
第1レジスタンス:99.15-20円(遅行スパン抵抗など)
  NY引け値:98.94円(-0.59円)  
第1サポート:98.65-70円(前日安値圏&75時間移動平均)
第2サポート:98.50-55円(90日移動平均&1σ下限)
第3サポート:98.40-45円(ピボットB1など)

被せ気味の陰線引けで終えた。週足構成上、引けレベルに注目が集まる中、
弱含みに切り下げたもので、上方への勢いに水を差してきた格好だ。
7/19高値としたレジスタンスラインにワンタッチで崩れており、下降フラッグ
底辺に向けての下げ調整感が芽生えてきた雰囲気だ。買い方は一歩後退。
週足ベースは前週の仲値を捉えられず、強気切り返しの「切り込み線型」の
買いパターン構成とは成らなかった。

下げ含みの動きが警戒されるところだが、値固め後の再浮上の可能性を
残しており、上方への意識を見込んで対応したいところだ。
98円ミドル圏にかけての(日足の)先行スパン雲辺りを固めてくると、
二番底型に買い気も膨らみ易い。注目の価格帯として意識したい。
方針としては、押し目を狙うトレードをおススメしておきたい。基本は静観。

中心予想レンジ:98.65-99.40円
 本日展望*上値に意識が芽生えやすいか
 (3日AM7:25執筆)

注)上記レートはインターバンク等の提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。
また、60分足テクニカルにおいては、執筆時レートよりも上下に
変動している場合があります。