100円突破ならず、調整継続!!

マーケットコンディション
先週末、99円台半ばからスタートしたドル円は、米雇用統計の
上向き数値に期待しつつ、99.93円まで上昇した。
しかし、非農業部門雇用者数が予想18.5万人から16.2万人と
大幅減少の発表に売り込まれ、99円を割り込む展開となる
若干の戻しも見られてが、98円台後半で推移し98.91円で
クローズをむかえた。
雇用統計は、きれいに裏切ってくれた。!!
先週末の米雇用統計は、ADP等の数値などから、大方がプラスと予想していたが、
非農業部門で予想を2万以上下回る結果となった。
ADPとの乖離が大きくなってきていることから、今後ADPの見方には注意が必要になる。
上抜けに、失敗したドル円は、調整局面がしばらく続くかもしれない。
97.50円から100円のレンジに突入か。
☆戦略
様子見

レンジ相場入りと予測し、レンジ内での下値・高値の確認が必要。
目先、逆張り狙い。

ポイントレベル

103.73(5/22の高値)
102.50(5/24・5/28・5/29の高値50アラウンド)
101.87(93.79-98.68-96.96:エクスパンション100%戻し)
101.27(7/8の高値)
100.86(7/19の高値)
100.60(7/22の高値)
100.00
-------------------------------------------------------

97.58(7/31の安値)
96.75(6/13-7/8:61.8%)

注)本日の予想は8月5日9:30に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。