旭化成が3日続伸、好業績とエチレンセンター再編で一段の収益向上を期待

 旭化成<3407.T>が3日続伸、一時前週末比44円高の723円まで買い進まれた。2日立会時間中に発表した今14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)決算が経常3.4倍の大幅増益になり、第2四半期の業績予想を上方修正したことを引き続き好感。また、同日に三菱ケミカルHD<4188.T>と共同運営する水島コンビナートのエチレンセンターを1基に集約することで合意したと発表したことで、一段の収益向上が期待された。石油化学基礎原料は国内需要の縮小と中東・中国での供給能力拡大、シェールガス革命を背景にした米国の供給能力拡大などで今後さらに厳しさを増すとみられており、生産体制再編による合理・効率化を急ぐ。

旭化成の株価は10時10分現在695円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)