淀川製鋼が5日続伸、第1四半期経常55%の大幅増益で最終黒字転換

 淀川製鋼所 <5451.T>が5日続伸。前週末取引終了後に発表した今14年3月期の第1四半期(4月1日~6月30日)決算の連結経常利益が前年同期比55.3%増の32億900万円と大幅増益になり、最終損益19億円(前年同期9900万円の損失)と黒字転換したことが好感されている。円高修正で主力の鋼板の輸出採算が改善、国内では安価輸入材との価格競争が緩和され、利益が急回復した。通期の経常利益は前期比31.4%増の65億円と期初予想を据え置いている。

淀川製鋼の株価は11時30分現在440円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)