品川リフラが反発、今3月期通期純利益予想増額で安心感

 品川リフラクトリーズ<5351.T>が反発。5日、大引け後に今14年3月期の業績予想を通期連結純利益のみを当初計画の23億円から32億円(前期実績25億7600万円)へ増額修正した。子会社保有の土地に関する売却益が発生したことが要因。同時に発表した第1四半期では連結営業利益で7億2600万円(前年同期比44.9%減)となり、通期の営業利益も期初予想の45億円(前期比5.7%減)を継続している。耐火物及び関連製品事業は、価格競争の激化に加え、建設用大型案件の減少や海外子会社の不振が影響しているが、通期純利益の増額で安心感が拡がっている。

品川リフラの株価は10時9分現在195円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)