売り先行もショートポジションが非常に溜まりやすい日。

戻り売りが強いが、97円台をどこまで押し込めるか。私なら97円台は利食い優先で売りは98.40台を待つ。
昨晩の概況

上値が重たい展開が続いていたドル円は午後3時前に98.70が切れて下落開始。午後4時半前には98.28まで下落。しばらく98.30台前半と98.50で揉み合いとなっていましたが、NY時間に向けて若干のショートカバーで、98.65近辺へ。午後11時の7月ISM非製造業景況指数が
予想53.1のところ、56.0と好調で一瞬ドル買いとなったものの、98.78で高値は止められました。その後午前1時半にかけて98.36まで反落後、もう一回午前2時にかけて98.71まで買い上がる場面もありましたが、戻りの98.70が重たく(ユーロ円の130.90戻り高値とタイミングが一緒)明け方、98.20も一瞬割りこんで98.18安値をタッチして98.30でクローズしました。ドル円、クロス円の上値の重たさが目立ちますが、短期的には今日は投機筋のショートが溜まりそうな展開です。


ドル円 売り
ドル円は上値が重たく売りから参入するが、今日のアジアはショートが溜まりがちだと考えるので下がりにくいと感じたら早めにショートは閉じる。チャートの形で、午後、夕方からショートカバーが出ると思えば、買い参入も可でイメージしたい。98.380、98.470で朝はドル売りから。98.650にストップを置きながら、98.050、97.900で買い戻しをかける回転をイメージしています。

レンジ 97.850(98.050)--(98.400)98.550 
作成時 98.293-298 8:27AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.32750、1.32900で売りから参入してみる。ストップは1.33150に置きながら、1.32200、1.32100で利食いするような回転をイメージしています。

レンジ 1.32050(1.32200)--(1.32750)1.33050 
作成時 1.32526-533 8:43AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は130.550、130.700で売りから参入する。ストップは130.900に置きながら、129.850以下129.700にかけて買い戻しを考えてみたい。

レンジ 129.600(129.850)--(130.550)130.800 
作成時 130.281-290 8:49AM