特殊東海がしっかり、4~9月期業績予想増額が下支え

 特殊東海製紙<3708.T>が全体下げ相場の中で底堅さを発揮。同社は5日、13年4~9月期の連結業績予想の増額修正を発表、売上高は従来予想の360億円から380億円(前年同期比横ばい)に最終利益は6億円から9億円(同97%増)に増額している。主に特殊素材事業及び産業素材事業において、販売数量が前回公表予想を上回って推移していることが背景。また、今回発生すると見込んでいた投資有価証券評価損も、株式市場の回復を背景に解消しており、最終利益予想を引き上げた。ただ、出来高流動性に乏しいこともあって、一段の上値を買う動きにはつながっていない。

特殊東海の株価は11時19分現在202円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)