サンコールが急反発、第2四半期予想の増額を好感

 サンコール<5985.T>が急反発、一時前日比37円高の619円まで買われ年初来高値を更新した。5日大引け後に今14年3月期の第2四半期(4~9月)の業績予想を連結売上高で当初計画の160億円から170億円(前年同期実績163億6900万円)、営業利益で12億円から16億円(同12億8600万円)へ増額修正したことが好感されている。計画レートよりも円安で推移したため為替差益が発生するとともに輸出採算が改善、海外では香港子会社の販売が好調に推移している。

サンコールの株価は11時30分現在615円(△33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)