東邦システムが大幅3日続伸、株主優待制度導入を好感

 東邦システムサイエンス<4333.T>が大幅3日続伸。5日引け後に発表した第1四半期(4~6月)決算は、売上高22億1800万円(前年同期比2.8%減)、経常利益1億1700万円(同11.3%減)と減収減益に終わったものの、同時に発表した株主優待制度の導入が好感されているようだ。毎年9月30日時点で1単元(100株)以上を保有する株主を対象に、一律でクオカード1000円分を年に1回贈呈するというもので、13年9月30日時点の株主からが対象としている。
 なお、14年3月期通期業績予想は売上高100億円(前期比3.9%増)、経常利益8億3500万円(同10.9%増)の従来予想を据え置いている。

東邦システムの株価は12時39分現在644円(△33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)