大平金が14年3月期業績予想を下方修正、フェロニッケル事業の環境に厳しさ継続で

 大平洋金属<5541.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高648億6600万円、営業利益42億5200万円、純利益43億8200万円から、売上高550億1500万円(前期比5.9%減)、営業損益7億5500万円の赤字(前期21億6800万円の黒字)、純損益3億6400万円の赤字(同21億2600万円の黒字)に下方修正した。ステンレス鋼業界の需要が低迷から、フェロニッケル需要も引き続き厳しい環境が見込まれることに加えて、フェロニッケル価格先行き不透明を要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)