パイオニアが急反落、14年3月期最終利益5億円に大幅下方修正

 パイオニア<6773.T>が急反落。同社は6日、13年4~6月期の決算発表と併せて、14年3月期通期の連結業績予想の下方修正を発表したが、これを嫌気する売りが噴出、一時8.7%安の178円まで値を下げた。14年3月期の売上高は従来予想の5150億円から5050億円(前期比11.8%増)に、営業利益は150億円から100億円(同66.8%増)に、最終利益は60億円から5億円(前期は195億5200万円の赤字)に減額している。利益率の高いカーナビゲーションシステムが不振だったほか、光ディスクドライブ関連製品が計画を下回り、収益の下方修正につながった。

パイオニアの株価は9時40分現在181円(▼14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)