アイネットが反落、自己株処分の公募による需給悪化を懸念

 アイネット<9600.T>は反落。6日に自己株処分の公募を発表しており、需給悪化を懸念した売りが膨らんでいる。公募による150万株の自己株処分と上限22万5000株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。主幹事は野村証券。調達資金は約12億円で横浜市の第2データセンター内の新規棟の建設資金に充てる。処分価格は14日から20 日のいずれかの日に決定する。また、同社は47万株の自己株の消却を実施することも発表している。

アイネットの株価は9時55分現在752円(▼27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)