下値を試す流れが強まる可能性=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

下値を試す流れが強まる可能性
昨日のドル/円は、7月31日安値97.58円を一時割り込んだ。その後一旦値を戻しているが戻りは弱く、今朝は97円台前半に突入している。

本日のドル/円は材料難の色が濃いが、目先は戻り売りの機運が高そうだ。昨日、10日と100日の移動平均線がデッドクロスを形成しており、テクニカル面でも下向きの圧力が強まっているとみる。
まずは97.00円をターゲットとして意識する流れになろう。97.00円でも下げ止まらない場合、6月13日安値93.79円から7月8日高値101.53円までの上昇に対する61.8%押しの水準である96.75円が次の下値目途となってくると考えられる。