岩谷産が反落、第1四半期営業利益の大幅減益嫌気

 岩谷産業<8088.T>が反落。6日、大引け後に今14年3月期の第1四半期決算を発表、連結売上高1509億8800万円(前年同期比3.2%減)、営業利益1億4800万円(同95.2%減)と大幅な減益となったことが嫌気されている。総合エネルギー事業でLPガスの市況変動による減益要因があったことに加え、産業ガス・機械事業での電力料金上昇の影響やマテリアル事業での鉱物資源の販売不振なども影響している。通期に関しては連結売上高6750億円(前期比2.7%増)、営業利益185億円(同10.7%増)の期初予想を継続している。

岩谷産業の株価は10時7分現在370円(▼15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)